スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆想い出の☆

☆五百円玉☆


とある哀しい出来事で、


最近反芻した想い出があったので、


今から実際にあった僕の昔話をすることにしよう。


記憶の抽斗にしまっていたのだけれど、

僕が高校生のときに親の複雑な事情で自活していた時期があった。




当時は僕の面倒みてくれる人がいなかったので、

学校が終わるとお弁当屋と宅急便の荷物の仕分けのアルバイトをしていた。

毎日納豆と卵かけご飯ばかり食べていて、

今思い返しても、育ち盛りの僕には苦しい時期だったなぁ。

進学を考えていたのだけれど、本を買う余裕もなかった。

当時、僕には父方の祖母がいたのだけれど、

祖母に僕の父親が本当に、本当に孫の世話も出来なくなるくらい多大な迷惑をかけたことがあり、

余裕なく細々と暮らしていた。



ある日、祖母の家にいった帰り際に

『これ、少ないけど、おばあちゃんが裁縫の内職で毎日ちょっとずつ貯めてんよ。これで勉強するお金の足しにして。』

と手渡されたものは、ずっしりと地球上で最も重い比重のものかと思ったくらい、小さくて重い貯金箱だった。


十万円貯まる五百円玉の貯金箱。

発明した人はきっとユニークで知的だった人に違いない。



『勉強いっぱいして、絶対に偉くなっておばあちゃんを楽にさせるから』

と祖母にお礼を言い、早速家に帰って開けてみた。

本当に、貯金箱に書いているくらいの五百玉が入っていた。


大人になってみれば、些細な金額なのだけれども、

当時の僕からすれば、押入れから小判とか金銀財宝が出てきたような気持ちだった。



本当に、本当に大事に少しずつ、少しずつ、本や食料に使った。


祖母が毎日そうして貯めてきた様に。



それから十数年経って、先日祖母が他界した。

母親が亡くなった様な気持ちで哀しかったのだが、人はいつか死ぬので、どうしようもない。


祖母がくれた大事な想いが、僕の知と血になり肉となり、今の僕の一部となっていて、祖母には心から感謝している。


そして、抽斗には今でも大事に、あの時祖母から貰った数十枚の五百玉が残っている。
スポンサーサイト

☆再開と再会☆

☆すべてはソーシャルネットワーク☆



なんとなく、ビールを片手に日記でも書こう。


午前3時前なのだけど。



最近、20年ぶりの再会があった。



実は幼少期に諸事情で少しの間、海外に住んでいたことがあって・・・


--------------------------------------------------


そこは今では華やかな町になってるけど、


当時は片田舎で日本から移住してきた人なんてほとんどいなかった。



今でも鮮明に覚えている。


スクールバスに乗ってきた女の子の鞄が、



当時流行っていたサンリオのキャラクターのものだったことを。



思い出すと何故かスローモーションのエフェクトがかかっていることはさておき、


日本人が当時全然いなかったので家族ぐるみで直ぐに仲良くなった。



諸事情でしばらくすると僕は日本に帰ることになったのだが、


インターネットがまだ全く普及していなかった時代なので、連絡の手段が電話か手紙くらいしかなくて、


兄弟が手紙で連絡をとっていた様だが、しばらくすると音信普通になった。



後で知ったのだけど、両親が病気で急死したり、医療制度の整備されていないその国で数千万の法外な医療費を請求されたりと色々な苦難が起こって、本当に、本当に苦労したらしい。



20年の時を経て、インターネットが普及し、


新たにソーシャルネットワークも出来たおかげで偶然コンタクトをとる事になり、


その国で同姓同名の人が20人いて全員にメールをしたことはさておいて、


数万キロの距離を経ての再会だった。



しかも日本行きのチケットがたまたま抽選会で当たったとか、



もはや運命の再開としか言い様がない。




当時小学校低学年だった面影と全くかわらない童顔な彼女は、逆境を乗り超え、独力で医者になっていた。


一人の少女には膨大な、本当に膨大な数千万という学資ローンが大変だったらしいが。




米国文化に完全に染まり、日本語を話すときに考えて話さなければならないらしくて、


時折出てくる『Great!』とか『Oh My God!』とか彼女の英語の感嘆時のボキャブラリーを耳にしながら、


英語が母国語にシフトした彼女に、もし自分があのまま住んでいたらどうなっていたのだろうと


自分を投影したりしながら、強い精神力で夢を叶えた彼女がとても輝いて見えた。



-------------------------------------------------

時間を戻そう。


何が言いたいのかと言えば、言いたいことは2つあって、



今まで住んだこともない土地で親も亡くし、助けてくれる人がほとんどいない中でも、



強い精神力で夢を叶えた人がいて『僕ももっと頑張らなくちゃ』という話。




共感して頑張ってくれる人が増えると嬉しいけど。









もう一つはソーシャル・ネットワーキングの話。



5年前だったら世界の裏側で生き別れた人を探すのに、莫大な時間とコストがかかったものが、



ものの数分で見つけやすい状況になっている。


人と人のつながりを広げることも昔と比べると数百倍便利になった。


これを読んで頂いている方も、もちろん、一人のソーシャル・ネットワーカーだ。


世界は急速に集束している。




要するに何が言いたいのかというと、




キーボードを打つ行動力一つで、





僕たちの物語の登場人物が沢山になって楽しいんじゃないかな、という話。




出逢いにいつも感謝させられる。





☆ごはん☆

☆バターのせ☆



最近、友人から


“マーガリンごはん”がメチャ旨い



との話を聞いて






早速チャレンジwww














ごはん炊くの待ちきれなかったのでチンするごはんでしたがw


バターごはん1






マーガリンの代わりにバターを乗せて





バターごはん2






かき混ぜて






バターごはん3









完成!!!






なんだか美味しくなさそうな・・・w

























結果


















微妙www









バターごはん4



オススメののりたま投下











微妙wwwwww







おそらく、バターの種類が塩分低くて駄目だったんだろうか・・・





もしくは





バターではなくマーガリンしか旨くないのか・・・




話聞いたとき旨そうだったので、早速試してみたが・・・




イメージしてた味と全然違くて、、、



後日、マーガリンごはん会食会を開いて是非リベンジしたいww



参加者募集中!w



☆我、想ふ☆

☆故に回想アリ☆


最近友達にバイクを借りて久しぶりに運転した。



近年は車ばかり乗ってたので久々に気持ち良かったのと同時に




過去のキヲクが蘇る。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・


17歳の直前にバイクを買った。



当時、自分はアンチバイク派だった。



自分の持論では、“金持ちを目指す奴はバイクに乗らない”




なぜかというと




“危ないから”




仲の良い友達二人が原付を買ったのが羨ましかったという単純な理由で、



いとも簡単に自分のルールを破った。




数分前に決めたロスカットラインを破った様に。




地元はそこそこ都会で自分は電車にはあまり乗らない派だったので





移動は専ら自転車だった。





新しい乗り物を得た少年は新しい風と同時に





新しい自分の世界が爆発的に膨張していくのを感じた





要は“行動範囲が広がった”だけのことなのだが。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




話を戻そう。







要するに何が言いたいのかと言うと、




世界が広がっていくあの頃は何でもなれた気がしてた。

夢が溢れていた。希望に満ちていた。



バイクに乗りながら、蘇ったキヲクを反芻して、前向きな想いを取り戻した。








可能性はいつだって、誰にだってある。









思い出したキヲクは要するに肝心なのは想いだってことだった。


☆マリオのキャラではない☆

☆テレサからの手紙☆


昔、ベガスを放浪してた時期


があったんですが、




オーシャンズ11とかで有名な



BELLAGIOとかを運営してる




MGMグループから突然の手紙が・・・








terasa1.jpg





なんだろ・・・










おぉwww



ちょwwwwテレサwwww







terasa2.jpg



彼女(コンプの支配人)は昔少し日本に住んでた時期があったらしくネイティブなのに日本語ができます。

こういう慣れない文字で書かれたら気持ちがいっぱい詰まってるように感じるのだが、

もっかいカジノへ爆負けしにきて下さいってことかな・・・

でも何気にすっごく嬉しかったw


余裕できたら是非遊びにくいお。センキゥ、テレサ!w

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。